シュノーケリングを楽しむために覚えておきたいこと

沖縄のアクティビティといえば、シュノーケリングというのは有名ですね。沖縄のアクティビティをより楽しむためには、沖縄のことをより知る必要があります。沢山の知識を有しておくことにより、シュノーケリングのポイントも掴むことが可能になってきますから覚えておきましょう。

沖縄へのアクセス時間は?

エリアによりけりですが、羽田-那覇であれば2時間30分前後で到着しますし、大阪の伊丹空港からのアクセスであれば2時間程度で那覇空港からアクセスすることが可能です。

あまり連休などが取れない場合でも早朝の便で訪れれば十分にシュノーケリングを楽しむことが可能です。沖縄の空の玄関口である那覇空港からのアクセスが便利なスポットも豊富に存在していますからリサーチしておきましょう。

沖縄の気候を把握しておく

次によりシュノーケリングを楽しむためには気候を把握しておく必要があります。南国ですから、一年を通じて沖縄は穏やかな気候という特徴があります。

5月や6月は梅雨に入りますからジメジメとした天気が続き、海も時化ることがしばしばです。また10月くらいは日差しがかなり弱くなり日差しに弱い方でも楽しめる時期です。

ただし海風が強くなってしまうため、ウェットスーツを着ないと寒さを感じることにもなりかねないので注意しましょう。

また沖縄の海には泳げる期間が決められており、3月の海開きから10月末までになりますからこの時期に行かないとシュノーケリングは楽しめません。

アクセスと天気は最低限覚えよう

沖縄でシュノーケリングを楽しみたいなら、沖縄へのアクセス時間と特に天気などはチェックしておくべきでしょう。特にシュノーケリング目的で訪れる場合には、3月から10月までの限定期間でしか楽しめないということは絶対に覚えておくべきですね。

関連する記事