沖縄の海は季節で違う

沖縄でシュノーケリングを楽しみたいと感じている方ならば、季節ごとに違う沖縄の海の変化を事前にリサーチしておくべきでしょう。沖縄の海には四季折々で違った顔を持っているものなのです。何度もリピーターが訪れるのはこういった理由があるのです。ここではそれぞれの季節の沖縄の海を紹介します。

春の海

本州が桜が開花するタイミングでは沖縄は既に夏モード。気温は20度から24度ですから、シュノーケリングも十分に楽しめます。こういった知識がない方は夏にずらすため、観光客も少なめでかなり沖縄の海を堪能できます。

3月は海開きでさまざまなイベントが開催されることも多いためおすすめのタイミングになります。

夏の海

夏は海の生物も活発に動く時期でさまざまな生物を鑑賞できます。ただしGWの時期には梅雨に入り、7月の中旬には台風シーズンになってしまうため、時化で楽しめないケースも出てきてしまうことを覚えておきましょう。

秋の海

秋は絶好のシュノーケリングシーズンと言えます。海の透明度が高くなる時期でもあり、生物はもちろん海中の風景もはっきりと見えるため一気にハマってしまう方が多い時期です。

冬の海

冬は更に海の透明度が高くなります。ドライスーツなどを着用しないと寒さを感じますが、観光客ももっとも少ないシーズンですから、シュノーケリングを趣味にしている方にはおすすめですね。

自分にマッチしたシーズンを狙おう

沖縄でのシュノーケリングは夏のアクティビティの代表的なものですから、日本全国から観光客が訪れます。実は季節によって違う顔を見せてくれ、狙い目の時期は冬場であったりするため、自分のベストのタイミングを見つけるようにするとおすすめです。

関連する記事