一味違うシュノーケリング体験なら久米島がおすすめ

沖縄でシュノーケリングを楽しみたいと言っても、さまざまなスポットが存在しています。何も青の洞窟だけがシュノーケリングスポットではありません。ここでは沖縄の隠れたシュノーケリングスポットである久米島について紹介ししていきましょう。

沖縄で5番目に大きな島

久米島は沖縄本島や西表島などについで5番目に大きな面積を持つ島になります。大きいとはいってもインフラ整備はまだまだの状態で信号やコンビニなどは数えるほどしか存在していない島です。

都会エリアで過ごす方にとっては、非日常を存分に味わえるオススメのスポットと言えるでしょう。久米島は海のアクティビティに適したスポットと言われており、特徴は海中が迷路のように複雑に入り組んだ珍しい地形をしていることです。

一味違ったシュノーケリングを楽しみたい方には久米島はまさにおすすめのスポットなのです。

無人島体験ができるはての浜

久米島の中でも人気のシュノーケリングスポットがはてのハマ。久米島の5kmほど東に広がる無人島になります。沖縄のビーチは美しいことで知られていますが、中でも美しさが東洋一と評されているほどです。

泳ぐことが苦手だという方でも浅瀬で十分にシュノーケリングを楽しむことができますから、ファミリー連れにおすすめのシュノーケリングスポットでもあるのです。

海のアクティビティのメッカ!イーフビーチ

久米島の中でもさまざまな海のアクティビティが行われているスポットがイーフビーチです。日本の渚百選に選ばれるほど全長2kmの真っ白な白浜が特徴です。

ロケーションの良さがウリになっており、ホテルやレストラン、コンビニへのアクセスが便利なので、こういったものを重要視する方にはおすすめです。

初心者を脱したいなら久米島に行こう

沖縄でシュノーケリングといえば青の洞窟が相場なんてことに飽きている方には、久米島がおすすめです。無人島体験や美しい景色、迷路のような海中を堪能したい方には特にオススメですよ。

関連する記事